風景㊳

優秀な人

優秀な人は物事を多角的に捉えている。

「多角的」の意味とは、 多方面にわたるさま・多方面に派生するさまを意味します。 1つの物事を様々な角度から見る様子を表している。

簡単にいうと、色んな視点で物事をみることができるということ。

優秀であれば、本質も見抜くことも出来る。

相手の欲望や目的を瞬時に見抜けるので、自分の得しか考えないような相手とは必要以上の関りは持とうとしない人が多い。

優秀な人は、凡人との関りを避ける。凡人とつるむのは弊害がありすぎる。

優秀な人は沢山の友人に囲まれるより、優秀な友人が数名いればそれでいい。

凡人との会話は退屈で苦痛以外なにものでもない。

社会では優秀な人は凡人につぶされること多い。可哀そうである。

優秀な人は他人の尻ぬぐいもしなければならない。

最後に犠牲になってくれるのは、優秀な人である。

凡人はそそくさと逃げるから。結果的に凡人とは関わらない方が得策である。

自分が凡人なのか、優秀なのかは自分ではなく他人が決めることではないが、優秀な人は目立つことが嫌いでもある。

優秀な人は、中身が無い人間と関わるのを避け、中身のある人間とだけ繋がっていたいのだ。

優秀な人は読書が好きが多い。これだけは間違いない。

優秀な人は、本を読み、沢山の人の考え方を柔軟に取り入れる事が出来る人でもある、但し、優秀な人は情報を全てをうのみにせず、情報の質を見極めてから動く人でもある。

風景⑤

スポンサーリンク

崇高な人

崇高な人は孤独。

崇高で孤独な人は人を見極める力がある。

打算で自分によって来る人を避ける傾向もある、人は自分にメリットがあるから、行動することも知っている。だからこそ、付き合う人は慎重になる必要があるのです。

頭の良すぎる人は孤独であることが多い。


釣り合わない人達と会話することも行動することも辛くて仕方ないのです。無理して合わせないといけないのは、日常生活において、支障をきたしてしまう。

だから孤独になっていくのです。

周りと話しても通じないのです。崇高で頭の良い人の知識量は半端なく。話していてもついてこれない人ばかりであり、話し相手にならないので面白くない。そして、崇高で頭の良い人達は、不平不満しか言わない人や愚痴や成長しない人、責任転嫁する人らに呆れている・・・

また、崇高で頭のいい人は無駄なエネルギーを使わなことも多い。


自分の周りに崇高で孤独な人がいたら、そっとしておいてあげてください。孤独は寂しいという考えの人達の方が、彼らにとっては寂しい人なのです。

崇高で孤独な人が唯一、理解しあえるのは、同じく崇高で孤独な人なのだから・・

風景➀

器の大きい人

器の大きい人は優しい、基本的に誰にでも親切な人でもある。

少しの事では怒ることもない。

器の小さい人は怒りの沸点が高く、湯沸かし器よりも早い。いつもイライラしている。

器の大きい人は、過去の経験値などから苦労をしているからこそ、相手を咎めることもしないし、いつも優しく見守ってくれる。太陽みたいに・・・。

器の大きい人は、挫折しそうになっても簡単に諦めないし、皆のお手本にもなる。

器の小さい人は周りから、あんな風にはなりたくないな・・と思われていること間違いない。 器の小さい人は自分の器の小ささに気づけていないのだ。

誰もが成長出来ない、器の小さい人の傍にいるより、器の大きい人の傍にいたいと思う。

器の大きい人を見つけて尊敬の念をいだき、教えを乞えばきっと自分も器の大きい人間に近づけるに違いないと思う。

器の大きい人は、長期的な目標を持ち、器の小さい人は、今日明日のことしか考えていない。

果たして皆さんはどちらの人間になりたいでしょうか。

器の大きさは、人生の成功にも必要不可欠な要素でもある。器の大きい人なのか小さい人なのか貴方は、見極める判断力を持つことが、成功に繋がる。

風景④

おすすめ

1件のコメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です